役員体制・組織状況

地震等緊急時の対応

平時の対応 (1) 「デジタルMCA無線機(800MHZ帯)」 を、電話・FAXが通信不能時の県生協連と会員生協のメイン連絡手段とします。無線機は災害発生時に使用できるように維持・管理します。
(2) 夜間や休日に災害が発生し、無線を速やかに使用できない場合に備え携帯メールをサブ連絡手段として位置付けます。県生協連事務局と会員生協連絡窓口者 (各会員生協3人程度)の間で携帯メールによる通信訓練を実施します。
(3) MCA無線通信訓練(毎月)、携帯メールによる通信訓練(年1回)を実施します。
災害等発生時の初期対応 (1) 会員生協の状況把握:MCA無線、携帯メールを使用し、会員生協の状況を把握します
  <被害状況の確認>
  1.建物被害、
  2.人的被害、
  3.インフラ状況(電気・電話・水道・ガス・インターネット・道路・鉄道)
 <応援要請の有無と応援内容>
(2) 対策本部の設置と行動
 <日本生協連との連絡体制の確保>
 <静岡県災害対策本部との連絡体制の確保>
 <静岡県災害ボランティア本部との連絡体制の確保>
ページトップ
Top